NETの薬物療法| NET Links(神経内分泌腫瘍.net)
メニュー

薬物療法

薬物療法イメージ

薬物治療は、手術の適応がない場合などに行います。下記のような薬が、腫瘍が大きくなるのを抑えたり、症状を改善するために使われます。
腫瘍の性質(悪性度など)によって、使われる薬が違います。詳細は、担当医にご相談ください。

分子標的薬(腫瘍が大きくなるのを抑える)

分子標的薬は、がん細胞にある特定の標的を狙って攻撃することを期待して開発された薬です()。正常な細胞にはあまり影響を与えませんが、副作用がまったくないわけではありません。
現在は,膵臓のNETに対する分子標的薬として,mTOR阻害剤,キナーゼ阻害剤などが使用されています。また、mTOR阻害剤は、消化管または肺のNETに対しても使用できるようになりました。

抗がん剤による化学療法(腫瘍が大きくなるのを抑える)

血液の中に入って全身をめぐり、体内のがん細胞を殺して腫瘍が大きくなるのを抑えます。
正常な細胞にも影響を与えます()。

ソマトスタチンアナログ(腫瘍が大きくなるのを抑える、症状を改善する)

膵臓や消化管にできた腫瘍から過剰に分泌されているホルモンの分泌を抑えます。消化管のNETに対して、腫瘍が大きくなるのを抑える効果が示されています。 また、消化管NETでおこる、下痢や顔面紅潮(顔がほてって赤くなる)などの症状を和らげます。ガストリノーマやVIPオーマにも使用されます。
主な副作用は、脂肪便(便は軟らかく量が多くなり色が薄くなる)や無症候性の胆石であり、重篤なものはほとんどありません。

対症療法薬(症状を改善する

症状にあわせて、お薬が使用されることがあります。
例)ガストリノーマの消化性潰瘍に対するプロトンポンプ阻害薬(胃酸を抑える薬)

図 分子標的治療薬と抗がん剤のちがい

分子標的薬と抗がん剤の違い
注意書

NETの性格によって、比較的おとなしいもの(NETG1 / NET G2)と活発なもの(NEC)に分けて、悪性度の程度を分類します。この悪性度の分類により治療方針が異なりますので、薬も担当医と相談して選択します。

ご監修:国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科 科長 奥坂 拓志先生
ご監修:北里大学 内分泌代謝内科 准教授 高野幸路 先生
page top
閉じる

メニュー