ホームNET(神経内分泌腫瘍)の治療 > 手術療法

NET(神経内分泌腫瘍)の治療

手術療法

手術療法

手術は、治癒を得られる可能性が最も高い治療法です。
症状の有無にかかわらず、腫瘍が小さいうちに切除したほうがよいとされています。
腫瘍の発生部位や大きさ、転移があるかないかによって適切な手術方法(術式)を担当医と相談して選択します。

ご監修:
福岡山王病院 膵臓内科・神経内分泌腫瘍センター センター長
国際医療福祉大学 医学部 消化器内科学 教授 伊藤鉄英 先生

ページの先頭へ戻る