ホーム > NET(神経内分泌腫瘍)の治療

NET(神経内分泌腫瘍)の治療

NET(神経内分泌腫瘍)の治療

NETの治療は、症状の改善によるQOL(生活の質)の向上や生命予後の改善を目的に行います。
治療には、手術(切除術)、薬物療法、局所療法などがあります()。
手術の適応がある場合(安全に切除できる場合)には、手術をします(図1、図2)。腫瘍をすべて切除できない場合でも、腫瘍の量を減らすために、腫瘍の一部を残して大部分を切除することがあります(減量手術)。
手術の適応がない場合は、薬物療法を中心とした治療を行います。しかし、肝臓に転移がある場合には、肝臓の腫瘍に対する局所療法を行うこともあります。
腫瘍がすべて切除できなかった場合には、薬物療法を中心にした治療を追加します。
治療方針は、腫瘍の状態や悪性度、転移の状況、患者さんの年齢、合併症の有無などによって選択されます。

表:NETの治療

治療方法 内容
手術 完全切除 原発巣を完全切除した場合、治癒の可能性が最も高い治療法です。
減量切除 完全に腫瘍が切除できなくても、転移巣を含めて可能な限り腫瘍を切除します。
薬物
療法
分子標的薬 腫瘍にピンポイントに作用して、腫瘍が大きくなるのを抑えます。
ソマトスタチンアナログ 腫瘍が大きくなるのを抑えたり小さくする効果が示されています。
また、腫瘍から過剰に作られるホルモンを抑えることにより、ホルモン由来の症状を和らげます。
抗がん剤 血液の中に入って全身をめぐり、体内のがん細胞を殺して腫瘍が大きくなるのを抑えます。
対症療法薬(内服薬) 症状にあわせて、薬が使用されます。
例:ガストリノーマの潰瘍治療:胃酸を抑える薬。(プロトンポンプ阻害薬など)
局所
療法
ラジオ波焼灼術、肝動脈塞栓術(TAE)/肝動脈化学塞栓術(TACE) 肝転移の個数や場所により治療を選択します。
できるだけ腫瘍を少なくします。

図1:膵・消化管の場合

膵・消化管NETの治療には、手術、薬物療法、局所療法があります。

手術の適応がない場合は、薬物療法を中心とした治療を行います。しかし、肝臓に転移がある場合には、肝臓の腫瘍に対する局所療法を行うこともあります。

膵・消化管の場合

・肝臓に転移がある場合には、肝臓の腫瘍に対し局所療法を行うこともあります。

・症状がある場合は、症状を改善する薬物療法も併せて行います。

図2:肺の場合

肺NETの治療には、手術、薬物療法、局所療法があります。

肺NETでは、腫瘍がすべて切除できなかった場合、薬物療法のほかに、局所療法として放射線療法を行うことがあります。

肺NETの転移に対する局所療法には、骨転移や脳転移における放射線療法があります。また、脳への転移再発を予防する目的で、放射線療法(予防的全脳照射)を行うこともあります。

カルチノイドの薬物療法では、分子標的治療薬などを使用します。神経内分泌癌の薬物療法では、抗がん剤を用いた治療が行われます。

肺の場合

・治療後に予防的全脳照射を行うことがあります。

・症状がある場合は、症状を改善する薬物療法も併せて行います。

ご監修:
福岡山王病院 肝胆膵内科 神経内分泌腫瘍センター センター長 国際医療福祉大学 教授 伊藤鉄英 先生

ページの先頭へ戻る