NETの診断(鑑別診断、局在診断、病理組織診断など)| NET Links(神経内分泌腫瘍.net)
メニュー
TOP > NET(神経内分泌腫瘍)の診断

NET(神経内分泌腫瘍)の診断

NETが分泌するホルモンによる特徴的な症状が、NET診断のきっかけになります。 空腹時に採血をして血液中のホルモン濃度を測定すれば鑑別診断(診断する上でよく似た病気と区別すること)がほぼ100%できます。 NETの発生頻度は低く、比較的珍しい疾患ですから、見逃さずに診断し、早い時期に治療することが大切です。鑑別診断が難しい場合は、専門医に診てもらう必要があります。 また、症状の現れないNETが健康診断などで偶然見つかる場合もあります。
NETの治療において、NETの部位、転移、NETの性質などを調べることが重要です。 そのため、CT内視鏡的超音波断層検査(EUS)MRIなどの画像診断が行われます。 手術をするためには、NETの部位を正確に診断すること(局在診断)が重要です。現在では、微小なNETでも局在診断できるので、切除手術で治すことができます。 また、NETの組織を顕微鏡で調べることも重要です(病理組織診断)。

ご監修:京都大学名誉教授、関西電力病院学術顧問 今村正之 先生
閉じる

メニュー