ホームNET(神経内分泌腫瘍)とは? > NET(神経内分泌腫瘍)の名称

NET(神経内分泌腫瘍)とは?

NET(神経内分泌腫瘍)の名称

神経内分泌腫瘍は高分化型で比較的悪性度の低いNET(Neuroendocrine Tumor)と低分化型で悪性度の高いNEC(Neuroendocrine Carcinoma)に分けられます。また、なかには腫瘍から分泌されるホルモンが人体に強い影響を与えて、異常な症状が出る機能性NETと症状のない非機能性NETに分けられるなど、NETはさまざまな側面から分類されます(図1)。

図1

図1

『NET G1/NET G2/NET G3/NEC』すべてを含め、総称としてNETと呼ぶ場合と、高分化型の『NET G1/NET G2/NET G3』だけをさしてNETと呼ぶ場合があります。

最近、膵臓からできるNETでは、総称としてNEN(Neuroendocrine neoplasms)を使用することが推奨されました。腫瘍のできる場所によって呼び名や分類が変わることがあります(図2)。

図2:名称の変遷

1907年 Oberndorferにより、“カルチノイド”と命名される
1980年 膵の腫瘍が、Islet cell tumour(膵ラ島腫瘍)とPoorly differentiated endocrine carcinoma(低分化型内分泌癌)に分類される
2000/2004年 膵・消化管の腫瘍が、高分化型内分泌腫瘍・癌(WDET/WDEC)と低分化型内分泌癌(PDEC)に分類される
2010年 消化管の腫瘍が、NET G1/G2NECに分類される
2017年 膵の腫瘍を総称してNENと呼び、NET G1/G2/G3とNECに分類される

※当HPで用いている”NET”については、総称としてNET G1/NET G2/NET G3/NECのすべてをさしている場合と、高分化型のみをさしている場合がございます。

※診断名などについて疑問がある場合は、一度、担当医師にご相談ください。

ご監修:
福岡山王病院 肝胆膵内科 神経内分泌腫瘍センター センター長 国際医療福祉大学 教授 伊藤鉄英 先生

ページの先頭へ戻る